Read Article

20年の愛情

20年の愛情

「チェーンが切れた」と愛車を持ち込まれたHさん。
10年以上前から当店をご利用されているお客様です。

http://horiq.com/

マラソンやトライアスロンなどをたしなむアスリートでもあります。

移動のためにMTBに毎日乗っているんんですが、とにかく消耗が激しい
複数台所有されているMTBは、どれもいつも痛々しい。
そして今回の主役、コレ。96年から乗っているというGIANT ATX。そろそろビンテージの域に達するMTB。
そしてなんとトライアスロンサドル仕様!相性がいいそうで複数個所有。快適なペダリングのためには重要な部分ですね。

しかし!それを打ち消すかのように、サスペンションフォークは老朽化し、ただの「飾り」と化している。
当時はサスペンションフォークが付いているだけで「スゲー!」と羨望の眼差しで見られましたっけ。
今では重たい足枷。ごめんよ、インディ。チェーンリングも何度も交換しているのに、すぐこうなっちゃう。
そりゃチェーンも切れるわけだ、、、じゃあ思い切って!やっちゃいましょう。主題は2つ。

①コンポーネンツの現代化
②サスペンションの排除

①は、今まで部分的に交換で延命してきましたが、世代が古くて入手困難なものが増えてきたため。
②は、、、市街地しか使わないから。

決まれば早い。20年の時を経て、丸裸になりました。塗装も剥離してきていたので、再塗装を提案しましたが

この色、このデザインが気に入っているんです

とのことでしたので、洗浄と艶出しに留めました。
ずっと付き合ってきたデザインですものね、Hさんのこの自転車への愛の深さを感じます!
ジャイアントのヘッドパッチにも歴史が。
「航空機で使われている」とわざわざ謳われるほど、この頃は革命的なフレーム素材でした。
そしてその後あたりまえになるほど爆発的に普及します。

サスペンションフォークを抜くと、、、恐ろしいことに。ボールリテーナー(ベアリング)が崩壊しながら落ちてきました、、
フォークともども交換です。
GRUNGE  カーボンリジッドフォーク ¥31,320(税込)

先日もご案内したアレです。今回はなんとVブレーキ台座仕様
こんなヴィンテージ車でもないとお目にかかれません。劇的に軽くなりますよ、Hさん。
どんどん組み付けていきます。リフレクターも磨いて。大阪のキャットアイ、リフレクターで世界シェア50%以上って知ってました?完成です。預かり期間中に、雪もだいぶ融けました!春の陽射しが気持ちイイ!連絡した日の夜に、受け取りに来てくれました。嬉しそう!また20年後にフルレストアしましょう!ありがとうございましたー!(スタッフ サライ)

 

 

 

 

 

 

Return Top
UA-38228659-1