Read Article

(重要)北海道へ自転車旅行をされる皆様へ

平素は大変お世話になっております。北海道はまさに自転車旅行のベストシーズンを迎えております。
そこで気になるのが、旅行先での自転車のトラブル。実は”すぐに直します!”・・にはならない状況があります。
そこで、今一度以下の確認をお願いします。

①出発前に”必ず”自転車店(可能であれば購入店)にて点検を行ってください!
普段使用しているため、不具合が無いと思っても、調子悪いままで使用している場合があります。不具合があった場合、部品の取り寄せなど1週間~10日以上修理に必要な場合がありますので、日数に余裕を見てご依頼ください。(”北海道に旅行しますので、事前に点検をお願いします!”とご依頼すれば、消耗度合いを見て点検していただけると思います)
注)通常自分で整備しているからOK!・・な方も、年に1度は専門店にご依頼されることをお勧めします(当店内でもスタッフ同士でダブルチェックを行っております)。整備目線と確認目線は違います。このダブルチェックが事後のトラブルを防ぎます。

②ご自身の自転車メーカーの販売店をチェックしてください!
全ての自転車店がすべての自転車を整備できる訳ではありません。まずご自身の自転車メーカーを販売している店舗であれば、ご自身の自転車に関しては作業可能かと思います。上記の出発前点検を行っている自転車であれば、トラブル解消ができる可能性があります。また、部品もメーカー専門品が多数あります(特にリアメカハンガーなど)。詳細なご相談などもメーカー別な所もありますので、まずはメーカーの販売店をお尋ねください。
※ホームセンター様や大型量販店様などで販売される自転車では、販売店の確認が難し場合がございます。この場合、そもそも修理が難しく、自転車旅行に向いていない可能もあります。今一度、ご検討いただけますようお願いします。

③現地での修理期間は1週間から10日以上掛かる場合があります。
上記でもご案内しましたが、不具合があり部品交換となりますと、取り寄せなどで1週間から10日以上掛かる場合があります。また、部品手配が伴わない作業でも、順番にて作業を行っておりますので、やはり2~3日お時間を頂く場合がございます。旅行先ではその期間お待ちいただく訳には行きませんので、やはり事前に点検整備されることを推奨します。

④可能であれば、ご自身の自転車トラブルはご自身で修理を!
地元走行でもそうですが、いつでも自転車店がある訳ではありません。自転車旅行に出る以上、できれば以下の作業はご自身で修理できますようお願いします。
・パンク修理(チューブ交換)
・各パーツ(ネジ)の増し締め
・チェーン交換 など。

⑤そして、以下のパーツの携帯をお願いします。
・ご自身のモデルに対応したリアメカハンガー
(旅行先で壊れてトラブルになる原因NO1です)
・ご自身のモデルに対応したスポーク2~3本
(旅行先で壊れてトラブルになる原因NO2です)
・ご自身のモデルに対応したチューブ3~4本
(旅行先で手配出来ない場合があります。)
・ご自身のモデルに対応したタイヤ1~2本
(特にロードなど細いタイヤは負担が大きく、摩耗が早いです)
・ご自身のモデルに対応したチェーン1SET
(チェーンが切れる可能性もあります)
他は、一般的な修理工具(携帯工具、タイヤレバー、携帯ポンプ、ニップル回し(長期旅行などでは必要)など。)

実は、旅行先の自転車店に立ち寄らない(必要が無い)のが、一番快適な自転車旅行なのかもしれません。

ぜひ、皆様の自転車旅行が快適なものになりますようお祈りいたします。(代表 中村力男)

 

その他のお知らせ

Return Top
UA-38228659-1