Read Article

自転車の選び方

昨今の自転車ブーム、環境問題の意識向上、普段の運動不足の解消などから自転車(特にスポーツ用自転車)が多くの皆様にご利用いただけるようになりました。 ただし、多くのギアが付いたスポーツ用自転車を実際に購入する場合、一体どのような自転車を選んでよいか分からない方もいらっしゃるかと思います。 そこで、スポーツ用自転車初心者を対象として、自転車の選び方のポイントをご案内いたします。皆様の自転車選びの参考にしていただければと思います。

自転車の選び方

最近ではテレビなどで、ヨーロッパのプロレースが多く見られるようになり、昨今ロードレースは世界レベルで人気が高くなっております。また、ホノルルセンチュリーライドに代表される、競技以外で長い距離を楽しく走りたい方にもロードレーサーの人気が上がっています。 また、マウンテンバイクも、散策用から競技用まで(サスペンションの有無など)数多くのモデルが存在しています。 これらの自転車の価格は安い物で5万円から高い物で100万円を超えるモデルまで、幅広くラインナップがされています。その中から皆様の使用目的にあった1台を見つけて参りましょう! まずは以下の順番で自転車を決めて行きましょう。

①自転車の種類を決める

自転車のブランドを決める前に、タイプ別の自転車の種類を決めましょう。タイプは大きく分けて3つです。

  • ロードレーサー(価格は8万円~100万円以上!!) 本来は自転車競技を行うために開発されたモデルですが、最近はスポーツとして競技を行わない方にも広く利用されています。自転車のスピード感にチャレンジされたい方にはぜひオススメです。
  • マウンテンバイク(価格は5万円~60万円程度) コチラも本来は山道を走破するために開発された自転車ですが、太いタイヤや乗り心地の良さから、街乗り用としても利用されています。自転車で色んな所を走ってみたい方にオススメです。
  • クロスバイク(価格は5万円~15万円) ロードレーサーの軽快感(タイヤの細さ)とマウンテンバイクの乗りやすさ(まっすぐなハンドル)を組み合わせた、初心者にも扱いやすい自転車です。最初のスポーツバイクとして、また普段の街乗り用自転車として一番使いやすい自転車です。※これらの他にも、多種多様な自転車のタイプがあります。詳しくはスタッフまでお尋ねください。 これらの中から、皆様のご用途、目的、ご予算に合わせてご検討ください。 ※もし、ご不明な方はぜひ店頭にてスタッフにお尋ねください。お客様とのお付き合いはここから始まります。

②フレームの素材を決める

自転車のブランドを決める前に、フレームの素材を決めましょう。タイプは2つです。

  • カーボンフレーム 現在、自転車競技を行う場合では標準になっている素材です。特徴はいずれの素材よりも軽量に仕上がるのと、カーボン素材が路面の不快な微振動を吸収する特性があります。価格は比較的高額になります(完成車価格20万~)
  • アルミフレーム 大量生産に向いている為、比較的価格を抑えて生産することが出来ます。アルミの特徴として、路面の振動をそのままライダーに伝える特徴が在ります。

(余談) フレームの素材として他にクロモリフレーム、チタンフレームがございます。クロモリフレームは以前からスポーツ用自転車のフレームとしては中心に作られていました。上記3種類のフレームに比べてパイプがしなる為、長距離を走るライダーに人気があります。ただし重量の面では少し重い傾向にあり、価格面でも若干の割高感があります。また、チタンフレームはクロモリの長所を生かしつつ、軽量フレームに仕上げることが出来ます。価格は製造工程が特殊な為、高価なフレームになります。フレームの主流は上記2種類ですが、人と違う自転車をご検討の際は、ぜひ候補に入れていただければと思います。

③パーツのグレードを決める

自転車のメーカーはたくさんありますが、自転車を構成するパーツメーカーは大手で3メーカー程度(シマノ(日本)、カンパニョーロ(イタリア)、SRAM(アメリカ))になります。今後のパーツの手配のし易さなど、初心者にはシマノパーツがよろしいかと思います。 また、シマノパーツにも以下のグレードがございます。 (ロードバイク)

  • DURA-ACE(デュラエース)(パーツ合計 約22万円) シマノの最上位グレードのパーツです。重量も軽く、シフトのタッチなども軽快になっております。後ろのギアが11段になります。
  • ULTEGRA(アルテグラ)(パーツ合計 約11万円) シマノの2番目のグレードです。後ろのギアが11段になります。
  • 105(イチマルゴ)(パーツ合計 約7万円) シマノの3番目のグレードです。後ろのギアが11段になります。
  • TIAGRA(ティアグラ)(パーツ合計 約6万円) シマノの4番目のグレードです。後ろのギアが10段になります。
  • SORA(ソラ)(パーツ合計 約5万円) シマノの5番目のグレードです。後ろのギアが9段になります。

(マウンテンバイク)

  • XTR(エックスティーアール)(パーツ合計 約22万円) シマノの最上位グレードのマウンテンパーツです。重量も軽く、シフトのタッチなども軽快になっております。後ろのギアが11段になります。
  • XT(エックスティー)(パーツ合計 約10万円) シマノの2番目のグレードです。後ろのギアが11段になります。
  • SLX(エスエルエックス)(パーツ合計 約7万円) シマノの3番目のグレードです。主にフリーライド(下り中心のハードな走り)に使用されます。後ろのギアが10段になります。
  • DEORE(ディオーレ)(パーツ合計 約6万円) シマノの4番目のグレードです。後ろのギアが10段になります。 ※他にもSAINT,ZEE,ALIVIO,ACERAなどあります。

(クロスバイク)

  • ロードレーサー系の105やTIAGRA,マウンテンバイク系のDEORE,ALIVIO,ACERAなど、メーカーによって色んな組み合わせがあります。

また、上記パーツ以外にハンドル、サドル、ホイールなどのパーツも必要になります。一般的に上位グレードのパーツが付いている場合は同等のパーツが組み込まれています。

※ロードレーサーの場合、人と違う自転車をご用命の際は、あえてカンパニョーロなどを選択することもあります。イタリア車、もしくはヨーロッパ車にこだわるのであれば、カンパニョーロをお勧めいたします(シマノと同様にパーツのグレードがございます)。また、マウンテンバイクではSRAMのコンポーネントも使われています。

まずは、この3点を決めることで、皆様の希望するバイクは決定されます。予算はフレーム価格+パーツ代とお考え下さい。

④ブランド、モデル(フレームカラーなど)を決めてください

上記3点を決めてから、各メーカーのモデルを確認していただきますと、実はブランドごとに価格的にはあまり違いないことがご理解いただけるかと思います。後は好きな色やデザイン、若干の価格の違いなどがございますので、ご要望のブランド、モデルをご用命いただければと思います。 また、以下の部分もご検討下さい

⑤ショップを選ぶ

自転車は工場出荷時では半完成品です。最終的な組み立てをショップにて行います。つまり自転車の最終組立ラインがショップになります。 各メーカーは、組立技術、販売能力を検討した上で、毎年ショップと契約を結びます。また、ご購入の品質保証の受付場所も購入店になります。 本来であればショップ毎に組立技術に差があってはいけないのですが、現実には差があります。スポーツ自転車を専門としているショップで、皆様のご要望にお答えできるショップをお選びいただければと思います。

当店では組立技術の標準化に積極的に取り組んでいます。スタッフはスポーツバイクメカニック資格(SBM)やスポーツBAA資格など第3者機関が認定する資格を取得して、皆様の自転車を組立しております。

以上のことをご検討いただきまして、皆様の大切な1台をご検討下さい。 サイクルショップナカムラSAPPORO 代表 中村力男

Return Top
UA-38228659-1