Read Article

ロードバイクのフォーク交換

ロードバイクのフォーク交換

スタッフ サライです。ロードも整備しています(笑)。

まずは写真を。妙な亀裂が。なんと内側は原因は不明ですが事故とかではないそうです。
フレームやその他に問題はない。
ただ、旧い。10年前くらいのカーボンロードバイク。
カーボンロードバイクが手の届く価格になってきた頃です。
その頃はアルミフレーム+カーボンシートステーのようなハイブリッドモデルが大人気。
カーボンフレームの技術はまだまだ今には及びませんでした。

では交換します。
お客様はMさん。ロードバイク複数台所有者でレースにも積極的に参加されています。
今回の整備車両はいわば「日常の足」なので、そんなにハイスペックは求めていない。

コストパフォーマンスのいいカーボンフォークを

左のがソレです。One by ESU  OBS-R2 ロードカーボンフォーク ¥22,680(税込)

アルミコラムのミディアムモデル。肩下366mm。
化粧面はいわゆる「カーボン柄」ではない、大人しいデザイン。
オフセットが4種類あるので、好みのハンドリング感が出せます。今回は45度を選択。

早速組み付けましょう。
ベアリングがゴロゴロで、グリス入れ直しても回復の兆しがないので交換しました。
スッキリ。おお。フレームとの段差もなく、スムーズ。デザインのバランスも、後付け感ナシ。
そして!640グラムから530グラムへと、期せずして軽量化!
ロードバイクの100グラムは影響大ですね。Mさん、快適になりましたよー!ありがとうございました!アルミフォークからのグレードアップなどにいかがでしょうか。(スタッフ サライ)

 

Return Top
UA-38228659-1