Read Article

安価なのに高性能!BRYTONコンピュータ!

安価なのに高性能!BRYTONコンピュータ!

札幌でも初雪が観測され、北海道にも冬が訪れようとしています。

そんな時期でも新商品はどんどん入荷してきます!

今回入荷して来たのは台湾のGPS機器メーカー”BRYTON”の新型サイクルコンピューター。
低価格ながらGPSに対応しているのが特徴のブランド。

GPSに対応しているということはつまりSTRAVAにも対応させられるということです。

 

BRYTONのラインナップは全3種類。それぞれ簡単に紹介していきたいと思います。

まずは税込7,992円(!!!)と驚きの価格設定となっているRider 10E。

ケイデンスや心拍数の計測を行う場合は別売りのセンサーを購入する必要はありますが、速度や走行距離はGPSから計測されるため配線や手間のかかる設定が一切不要!
これからサイクルコンピューターを購入する方には是非ともお勧めしたいモデルです。

ケイデンスセンサーがセットになったRider 10Cは税込10,692円です。

 

 

BrytonのセカンドグレードにあたるのがRider 310。こちらもメーターのみの310Eとケイデンスセンサーセットの310Cの2種類がラインナップ。

特徴としてはANT+に対応していることにより、パワーメーターをはじめとする多くの機器を使用することが可能。

またラインナップ中最長となる、36時間のバッテリー駆動時間を誇ります。

価格はRider 310Eが税込12,744円。Rider 310Cが15,444円です。

最後はBrytonのフラッグシップ機。Rider 530。

530はセカンドグレードの310をベースにWi-Fi接続機能やシマノDi2システムとの連動。ルートナビゲーションシステム等を搭載しています。

イメージとしてはWi-Fi対応のGarmin Edge520Jといったところでしょうか。

またこのモデルのみ、標準でアウトフロントマウントが付属します。(下位モデルはゴムバンド式です)

価格はコンピュータのみの530Eが税込23,004円、スピード・ケイデンス・心拍センサーがセットになった530Tが税込33,264円です。

店頭には530E/530Tと10E/10Cを在庫しております。

有線コンピュータやGPS非対応のワイヤレスコンピュータからの買い替え時にはBrytonも選択肢に加えてみてはいかがでしょうか?

 

サイクルコンピューターといえばユーロバイクで発表されたLezyneの限定カラーモデル、Super GPS SpecialEditionも在庫がございます!

 

ガジェクラサイクリストの皆様待望(?)のGARMIN EDGE 1030もまもなく販売開始!
初回入荷量はごく僅かです。いち早く入手したい皆様はお早めにご相談ください!

 

以上、デジモノ大好きスタッフ木村がお送りいたしました。

 

サイクルショップナカムラSAPPORO

Return Top
UA-38228659-1