Read Article

やってみたかったシリーズ「ツール・ド・積丹」!

やってみたかったシリーズ「ツール・ド・積丹」!

今年の6月に女子会サイクリングで行った積丹町。「次回は自走で行ってみたい!」と温めていた女子会プレミアム企画、ウニ漁シーズンの終わりを狙って(←交通量が少なくなるからね)、先週ついに開催してきました!相変わらずの寄り道グルメ情報過多でお届けしますよー♬

午前7時に店舗に集合。今回は私を含め、5名で積丹を目指します!

昨日の天気予報によると「今年ナンバーワンの行楽日和」とのこと! ツイてるね、ノッてるね!!

 

稲穂まではJR沿線を走ります。「やっぱり5号線より走りやすいわー」とホクホクしていると・・・

 

前方にて「立ちゴケ落車事件」発生!! パニック状態の当人、そして周りのメンバー!!

 

何故か全員で抱え始めております!! とにかく車が来ない場所へどかしてあげようとしてるらしい。優しいねー。

まず、立ちゴケした場合の心掛けとして・・・

其の①「冷静になる」
其の②「足首をひねってペダルを外す」
其の③「立ち上がる」

です。
ビンディング初心者の人は、「外れない!外れない!」とパニックに陥りやすいのですが、落ち着いてください。よほどの事がない限り、外れます。こういう経験が自分を強くするよね。(偉そうに言っちゃってさ!ぷぷ。)

 

気を取り直し、第一エイドエリア小樽へ!

 

チームきたきつね、納車から3ヶ月で張碓の坂もサクサク登れるようになっておりました。

小樽市街に到着ー!!

すると、前から気になっていたお餅屋さんを発見。

国道を小樽駅方面に向かう時にある「菊原餅菓商

「せっかくだから買っていくか」と、さっそく第一寄り道コール発動。

 

木枠のショーケースに出来立ての大福や団子がズラリ。入口の「朝生の店」とは・・・※朝生(あさなま)→その日に売り切ることを目的として朝から作り始める餅菓子や団子、の事みたいです。

昔ながらの包装紙に萌え萌えキューン♡♡
いつまでも無くなって欲しくない小樽の名店発見です。

 

ここから運河方面へ移動すること3分(笑)、当初の第一エイド、今となっては第二エイドに到着。

小樽が誇る「かま栄」直売店内にある、「かま栄カフェ

 

山盛りの試食(笑)!!ざっくり四種に分けてあるのが、観光客の皆さんが殺到して突つき合うので、秒速で何が何味か分かんなくなってました。

 

イートインスペースも広いし、日当りもいいし、ドリンクとかも安くてオススメ(^^♪

ウィンナー入り蒲鉾をアメリカンドッグ風に衣で包み揚げた、カフェ限定「和ドッグ」! 気分的にはカツ丼一杯食べたくらいの満足感。

 

胃が重くてなかなか立ち上がれなかったけど、次のエイドの兼ね合いから重い腰を上げ出発!!

順当に進めば、海岸線を余市目指して一直線。なんだけど・・・工事車両のダンプとかがバンバン通る横を走るのがツライ・・・。という訳で、ちょっと遠巻いて「フルーツ街道」をチョイス。

フルーツ街道を走った人は分かると思うけど、意外とこっちもトンネル多かったり、アップダウンが続いたり・・・(笑)

 

それでもやっぱりフルーツ街道の方が全然いい!!
登ったら遠くに海岸線が見えるのもいいし、なんてったって緑の中を走れるのが最高!

 

第三エイドはフルーツ街道からサクッと曲がったところにある、パンの名店「Aigues Vives

エグヴィヴに向かう坂がまたSNS映えするんだなー、これが♡

 

16%の坂は一瞬で終了!登った先にある線路と里山の風景が素晴らしすぎたため、皆で代わる代わる撮影会に(笑)

 

新しく出来た5号線のトンネルの出口を横切り、エグヴィブさんへ。店舗前から見える海岸の景色が素晴らしいんです。

パンの焼き上がりを目指して行列ができるので、あらかじめ予約していた我々。大量に買って帰れるのも、サポートカー帯同してくれる佐藤さんのおかげ。感謝、感謝。

こちらに来たら、まず焼き立てのクロワッサンを食べるべき!
サクサクの生地を口に入れると、ジュワッと広がるバターの風味が堪らない!!はぁ~至福。前日までなら予約可能とのことなので、行かれる方は予約をオススメしますよ。

 

さてさて、またフルーツ街道に戻り一路「余市町」を目指します!

ここからはほとんどアップダウンも無いから楽チン~♬

 

いきなり現れる葡萄畑にテンションが上がる!遠くまで広がる丘陵も美し過ぎて、勝手に南仏プロヴァンス旅行気分です(←当然行ったことないけど。)

 

景色に感動しながら走ってたら、アッという間に余市に着いた!

ちょうど積丹に向かう途中にある「菊鮨」さんにてランチタイム。

正直、お腹まったく空いてなかったけど「まあ予定に組んでたし」と、注文したのはいいが結構予想していたよりボリュームが凄かった・・・。

「バラちらし&生姜焼き定食」1,000円
一見、解りづらいかと思いますけどゴハンの量も多いから(笑)!!これを食べるなら、寄り道ひとつ減らすべき。

 

お腹が重い・・・と、おそらく全員思いながら出発!あとは、あとは、いよいよゴールの積丹町美国を目指すのみ!!

 

と、意気揚々と走り出すやいなや、

遂にパンク!!!
「パンクだ、パンクだわ」と全員がソワソワ、なんだったらちょっと嬉しそうに皆スマホを持ち出して動画を撮り始めている。

 

確かにねー、運が良ければパンクなんて全く縁がないもんね。かくいう私も実は一度もパンク経験なし。

いやーしかし佐藤さん、メカニックの本領発揮!秒速チューブ交換(笑)!!これ私達だけだったら「まず落ち着いて。ユーチューブひらいて」ってとこから間違いなく一時間はかかってますね。※教訓→パンクは急にやってくる。練習は怠ることなかれ。

 

さてさて(笑)、気を取りなおして本気で出発!!!!
ここからいよいよトンネル続発ゾーン突入です。

こんなにトンネルって暗かったっけ・・・??と思うほど、前方が見づらい。ハイビームでないとマジでツライ。

トンネル走行を繰り返してる内に、ようやくとある表示に気付く。「地震による電力不足からトンネル内、節電中です」・・・なるほど・・・。改めてフロントライトの重要性を認識。写真は200ルーメン。やっぱり400は必要なんだねー。

 

長短8つのトンネルを繰り返して、ようやくゾーン脱出。初めてトンネルを走ったメンバーの疲労&消耗ぶりたるや・・・(笑)

 

トンネル走行で身体も冷え切ったので回復休憩を取りながら、また走り出します。

ここまで来たら着いたも同然!!!!

 

 

西陽が射してきて、影が長くなってきました。車で来たら2時間半の道のり、なんと9時間もかかってしまった(笑)

 

車で下見に来た時は、だいたい肌感覚で「120kmぐらいか・・・」と予想立ててたら、ナント実走行距離86km! 近い!!!

陽が沈む寸前、チームきたきつね、無事に全員ゴールー!!

いつもお世話になってる「番屋カフェ」の女将が「今か、今か・・・」と待っていてくれました。感涙~!!

 

この日は温泉入って疲れを癒し→ 安着祝いで大宴会→ 古民家素泊まり→ そして、翌朝。私がこのツール・ド・積丹で最も楽しみにしていたのが・・・

「漁港 de 朝ごはん」なのです!!

漁港のすぐ傍にある鎌田商店さん、買った魚をすぐ網で焼いて食べさせてくれるんですよ!!なんたる贅沢!

 

海の風と、潮の香りの中で「いただきまーす」!! いや~最高だわ、これは。

 

家で待つ家族の為に、それぞれお土産を購入。鎌田のおっちゃん、めっちゃいい人!また来年も来るからねー!!

 

そしてせっかくなので、とニセコまで移動してリカバリーライド。

なぜルスツの道の駅に浪越先生が・・・。とりあえず一緒に撮る。

 

リカバリーライドのコースは、以前に私の父が「いやーお姉ちゃんのサイクリングツアーの時にこれ走ったら良いんでないかなーって思った道あるんだよね、お父さん。」と、是非走ってみて欲しい感を出してたルートへ。

左側に羊蹄山を眺めながら走れる、なかなか良いコースでした(笑)

 

 

ついでにせっかくなので、食べログ調査も兼ねて東山エリアへ。

今夏、新しくできた「ソウガデミーナ

お洒落じゃのーー♡
ヨガマットを小脇に抱えた人たちが行き交う中に、ヘルメット軍団で紛れ込んできました。

今現在SNSにて一番ホットなモコモコソフトも食べる事が出来ます。ニセコ山麓エリアのライド休憩ポイントにオススメでーす!

 

あいやー今回も長文になってまった!!!宮部みゆきもビックリの長編(笑)!

最初は「積丹まで自走でなんて・・・」って思ってたけど、なんだかあっという間でした。車だとあんなに長く感じるのに、不思議だなぁ。自転車ってホント素晴らしい。

これにて夏シーズン終了!これからは紅葉ライドのシーズンです!道産子ライダーの皆さん、雪降るまでしぶとく楽しみましょうねー\(^o^)/

 

 

札幌の自転車専門店 サイクルショップナカムラSAPPORO(さとうみ)

Return Top
UA-38228659-1