Read Article

E-BIKEで支笏湖(GIANT ESCAPE RX-E+)

E-BIKEで支笏湖(GIANT ESCAPE RX-E+)

皆様、気になりませんか?E-BIKE(アシスト付き自転車)で支笏湖まで走ったらって?やってみました、中年オヤジが。
バイクスペック
GIANT ESCAPE RX-E+(\308,000税込)2019モデル(2020継続) 重量20kg
ライダースペック
ナカムラリキオ(販売価値無し)1969モデル 重量94.3kg 体脂肪率34.2%

はい、御覧の通りライダーはクズデブです。このクズデブが支笏湖線(片道約25km、往復50km)を走ったらどうなるのか・・・
結果はこちらです※詳細表示はSTRAVAの登録が必要です。

どうでしょう・・往路56分、復路59分(2回写真撮影あり)。ちょっとしたタイムじゃないですか?
当然、アシストフル稼働(スポーツモード)です。

実際に走って気になったことをいくつか。
①上り坂は少し重めのギアを使用
通常、クズデブライダーとしては、上り坂は軽めのギアで足を使わずに上るようにしていますが、アシストを引き出すためには、少し重めのギアを使用します(実際に踏み込んだ力に対してアシストしてくれるため)。ですので、通常よりも少し足がパンパンです。
②ギアは10sで十分
上記にあるように、比較的重めのギアを使いますので、LOW側のギアを使うことはほどんどありませんでした。TOP側の5枚程度を良く使いました。
②上りの平均は18km/h?

20km/hを超えていくと、アシストが弱くなります。18km/hくらいで上るのが、気持ちよく上っていきます(恵庭分岐からの上りも、支笏湖からの上りも18km/hで上れました)。
③下りはテクニックが必要
ロードバイクだと軽いボディーでヒラヒラと軽快に下っていけますが、20kgのボディーは下り坂ではなかなかコントロールが難しいです。ハンドルも真っすぐ(フラットハンドル)ですので、ちょっとしたオートバイ感覚でコーナーに進入しました(コーナー進入までに減速を完了。コーナー時は少し加速気味で立ち上がる感じ)。
④バッテリーの減り具合(全てスポーツモードで走行)
スタート時で97%、ゴール時で34%ですので、63%ほど使用したことになります。総走行距離が49.4kmで、メーカー公表が90kmですので、さほど違いなく走れたと思います。(支笏湖へは満充電でスタートしましょう!※途中で充電切れたら地獄です・・)

どんな方におすすめか
①ロードバイクに乗るのか怖い方
自転車に興味があって、健康にいい(足腰を鍛える、心拍に適度な刺激を与える)ことは理解していても、ロードバイクのスピード感が怖い(危険を感じる)、あんまり恰好を付けて走りたくない方にお勧めです。
②クロスバイクより、より長い距離を走りたい方
通常のクロスバイクより、アシストが働くので、より長い距離を走る事が出来ます。今回の支笏湖往復も時間があれば、そのまま千歳市に抜けて、恵庭市、恵庭湖を回って札幌に帰ることもできます。
③あんまり自分を追い込みたくない方(成熟した大人な方)
どうしても、スポーツバイクを乗ってしまうと、昨日の自分より、または回りの人より速く走りたいともうのは人情です。そのためにより追い込んで走ってしまいがちですが、そのような自分から解脱して究極のマイペースで自転車ライドを楽しめる方(成熟した大人の方)におすすめです。
④彼氏(旦那)の趣味に無理やり付き合わされる貴女(お察し申し上げます)
彼氏や旦那が自転車に”どハマり”していて、”キミもどう?”とか言って、自転車を買ったはいいけど、相方は勝手に前を走って行って後ろで置いてけぼり(特に上り坂なんで走りたくもない)。そんな貴女に上り坂でアシストしてくれるE-BIKEはおすすめです。ぜひ彼氏(旦那)に買わせましょう!!

こんな感じでしょうか?店舗にはGIANT ESCAPE RX-E+の試乗車が用意しております。興味のある方はぜひご体験ください。
どうぞ、よろしくお願い致します。

・・・次はMTB E-BIKEだな・・・

札幌の自転車専門店 サイクルショップナカムラSAPPORO(ナカムラ)

Return Top
UA-38228659-1