Read Article

自転車はブルース

自転車はブルース

お店のパソコンに保存してる写真を整理してたら・・・衝撃的な写真を発見!!!!

何が衝撃かって、もちろんアロハポーズをキメてる微妙に痩せてた若かりし頃の店長ではなく、そう!隣の伝説のロックンロール・サイクリスト忌野清志郎!!!感動・感涙~~!いやー写真って撮っておくもんだ、残しとくもんだ!

※今回のブログは自転車情報ナシ、他人が見た夢の話並みにしょーもない内容となっておりますので、現代社会を忙しく生きてる皆さんはスルーして下さい(さとうみ)

私が、清志郎著の「サイクリング・ブルース」を読んだのは今から4~5年前ぐらい。この冬、たまたま見かけた記事でこの本のことを思い出し「また読み返してみようか・・・」と思っていた矢先に、この写真を発掘。巡り合わせとしか思えない。

その時の記事がコチラ→「もし生まれ変わってもオレンジ号に

 

執筆者の後藤さん同様、私も、あのロック界のスーパースター忌野清志郎が「ロードバイク」という同じ乗り物を愛していた事に、ひそやかな喜びと、人知れず謎の優越感を持ったりもしていました。

その4~5年前当時、ちょうど憧れ続けた「しまなみ海道」の旅へ。

11月だというのに温暖な風と、背の低い柑橘の畑と、海に点在する島々の風景と。未だに忘れないですね。また行きたい、本当に。

 

そして現在、にわかに周りで「自転車の旅ムーブメント」が起きている(笑)!

メイド・イン・東京都足立区のバッグブランド「rawlow mountain works」のお二人。
先日、東京から名古屋まで目指す旅をしてました。
ライトパッキングスタイルで旅路を行く。
花粉症・胃腸炎・強烈な向かい風に立ち向かいながらの過酷な自転車旅だったようです(笑) 今年はこのお二人と一緒に空知GFに参加予定!楽しみすぎる!
単独で北海道一周自転車旅を決めた四十代女性の星!
引き留めても聞かなかったので全力応援することにしました。

 

とにかく、なんてったって皆いい歳の中年(笑)!!
中年世代になっても全力で楽しめる「自転車」ってホントに最高!若者たちに教えてあげたい、四十代以降も思ってたより悪くないよ、って。

 

「自転車はブルースだ。車や観光バスではわからない。走る道すべてにブルースが溢れている。楽しくて、つらくて、かっこいい。」by 忌野清志郎

しばらく自転車の旅から遠ざかってたけど、久しぶりに計画したくなってきた・・・。うーん何処に行こうかなぁ。

 

あと、遅くなりましたが先日の「POC 試着受注会」沢山のご来店、本当にアリガトウございました!

狙いすましたかの様な荒れ模様な天気の二日間、わざわざ店頭に足を運んでくれて、私達が選んだ商品の良さを伝える機会を頂けたことに感謝でしかないです。

 

POCの店頭販売は4月中旬以降にスタートする予定。今回「気になっていたけど来られなかった」という皆様、是非ご来店をお待ちしております!

ついでに私が何をオーダーしたかというと・・・

New「VENTRAL AIR SPIN」¥30,000 +tax
New「ASPIRE」¥26,000 +tax

 

めちゃめちゃマブいでしょ、このセット!!カッコいいだけじゃなく、お値段に納得のスペックが搭載されてます。自慢の為にしばらく店頭に置いておきます(笑)

 

明日は遂に新元号発表。新しい時代も走れることを喜んで、今シーズンも頑張ります!!

札幌の自転車専門店 サイクルショップナカムラSAPPORO さとうみ)

Return Top
UA-38228659-1